ソフトクリーム店 KURU

秋ヶ瀬公園の川向かい、埼玉県志木市の羽根倉橋のたもと荒川沿い(右岸)のソフトクリーム店、
SAN-ESU BASE 羽根倉通り「KURU」。土手からは黄色い建物が目印です。(入口は建物反対側の羽根倉通り沿い)

サイクリストや散歩の途中、近隣の方々、どなたでも気軽に立ち寄れる憩いの空間を目指し、
創業96年の自転車関連製品の企画及び総合卸を営む東京サンエス(株)が運営しています。

メニュー(通年)

ソフトクリームのトッピングは、それぞれ東京サンエスのオリジナルブランドをイメージしています。
ViVA(ビバ):サンエス初のオリジナルブランドであり歴史の長いViVAには素朴でカラフルなアイテムも多く、「5色あられ」にイメージを重ねました。
grunge(グランジ):泥んこになって楽しむのもいい。MTB パーツから始まった grunge のイメージに「ココアパウダー」を重ねました。
Dixna(ディズナ):ほろ苦レモンピールと果肉たっぷりの「レモンソース」の爽快感とロードバイクで風をきる爽快感を重ねました。
OnebyESU(ワンバイエス):独創的でピリッとひねりのある OnebyESU 製品のイメージに重ね、有機生姜を使った「生姜シロップ」をトッピング。
rocogowa(ロコゴワ): “ ロコゴワ ” が “ わごころ ” を逆さに読み名付けたことから、和ごころをイメージした「黒みつ抹茶」をトッピング。
Veno(ヴェノ):慣例にとらわれず製品作りを心がける Veno に重ね、あまり見かけない組み合わせの「レッドグレープフルーツソース」としました。

そのほか、期間限定メニューなどはKURUのX(旧 Twitter)Instagramをご覧ください。

営業日カレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

営業日
休業日
カレンダーは1~2ヶ月先までを表記しています。
※雨天時など、休業となる場合もあります。
最新情報はKURUのX(旧 Twitter)Instagramをご確認下さい。

営業時間・アクセス

KURUring ブログ

~自転車でつながる人と地域と~   2022年7月16日にオープンしたKURUを拠点にサイクリング。
KURUring(クルリング)と名付け、埼玉周辺の季節や風景、風を感じられるコースを地元のサイクリストの方に教えていただきながら、美味しいものを食べたり、地域の方々とコミュニケーションをとったりしながらのんびり楽しくサイクリングしていきます。

UXルーム(製品展示室)

UXルーム
KURUに併設された「UX」ルームでは、東京サンエスオリジナルパーツやアクセサリーを手に取れるスタイルで展示しています。
KURUの営業日に準じてUXルームも開放しています。

KURU・UXの営業日以外(平日)のUXルームは事前予約制でご覧いただけます。(KURUのご利用はできません)
6月にご利用希望の方はこちらよりお申し込みください。

kuruをフォローする
KURU